目指すは「東京で一番楽しいバイリンガル・キンダー(全日制)!」

2018-06-19

 HILLOCK Bilingual Kinder School (Meguro)

 2019年4月、目黒区の林試の森公園の隣でバイリンガル幼児園がオープン!

幼児期を楽しみ尽くすことは、人生や周りの人に対するポジティブな印象につながると信じています。

ですから「とにかく楽しい!」濃密な3年間を過ごせるスクールにしたい!、そんな想いで環境やカリキュラムにトコトンこだわってまいります。

目指すは「東京で一番楽しいバイリンガル・キンダースクール」です!

お問合せはこちらから

(ご希望者には個別見学会をセットさせていただきます。お気軽にお問い合わせください)

2019年度募集:10名(年少・年中)に対し、随時募集中です。ぜひお早目にお問い合わせください!

 

HILLOCKとは?

HILLOCKとは英語で小高い丘を意味します。目の前の林試の森公園は都会にある森の丘のような場所です。そして、子ども一人ひとりの「好きなこと」「やりたいこと」もそれぞれにとっての心の中の丘です。丘を自由に駆け巡る子どもをイメージして、HILLOCKと名付けました。

コンセプト:
インターナショナルな環境で自然と人にたっぷりふれあう。
先進の学びに触れ、一歩踏み出す経験をする。

  • 林試の森公園で思いっきり遊ぶ!

都会でこそ、自然にたっぷりふれ、身体を動かす経験が大切です。現代っ子はほぼ全員が運動不足、どんどんアウトドアで活動しましょう。自然の観察を通して不思議さを感じることも大切。林試の森という素晴らしい環境で「体力」「感性」「好奇心」を育んでいきましょう。

  • 少人数クラスでのびのび自分らしく

自分が受止められ、愛されていることを知ることで、自分自身を愛し、他人を愛すことを学んでいく大切な時期。

HILLOCKでは少人数クラス(15名に対して「ネイティブ+バイリンガル」の2名担任体制)だからこそ可能な手厚いサポート。

ラーニング・シェルパ(※)と呼ばれるスタッフが一人ひとりの様子をしっかりと観察し、受止めます。アットホームな雰囲気でのびのびと過ごすことで「自己肯定感」「人を尊重する気持ち」が育ちます。

※子どもたちを横からサポートする観点から先生と呼びません。環境やツールを熟知した登山ガイド「シェルパ」のように、サポートし導きながらともにさらなる高みを目指す存在です。

  • バイリンガル環境でのオリジナル・カリキュラム

世界の広さや多様性を肌で感じるため、3年間で2500時間超を英語を公用語とするバイリンガル環境で過ごします。「世界が広がる」「人生が豊かになる」「相対的な考え方が身につく」バイリンガルの基礎作りに最適です。

オリジナルカリキュラムは、Entrepreneurship(起業)の発想で「とにかくやってみる(作る/表現する)」を意識した作りです。STEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)やArtなどを積極的に取り入れた好奇心が刺激される楽しさ満載のカリキュラムです。知識だけで終わらせず「一歩踏み出す」ことを大切にします。

【オリジナル・カリキュラム NASE】

お問合せはこちらから

(ご希望者には個別見学会をセットさせていただきます。お気軽にお問い合わせください)

キンダースクールの概要

定員:            15名(ミックス・エイジ)

対象:            3歳~6歳(初年度募集は年少・年中のみ12名の予定)

開園:            月~金/9:30~14:30(週5回×5時間)

場所:            品川区西五反田4-19-18(東急目黒線不動前駅より徒歩12分)

授業料等(税別):

入学金 15万円

授業料 年間120万円(年一括、または月払い)教材費・施設費は授業料に含まれる

サマースクール・サマーキャンプなどは別途費用が発生

その他:

ランチはお弁当を持参。

水曜日を除き17時までの延長あり(朝の延長はなし)。

送迎バスなし。。

休暇:   夏休み(約1ヶ月)、春休み・冬休み、クラス調査休日あり。

運営:            新設NPOとキッズアイランドの共同運営(予定)

※幼稚園や保育園ではなくインターや英語スクール等と同様で私塾の位置付けとなります

 

アクセス

お問合せはこちらから

(ご希望者には個別見学会をセットさせていただきます。お気軽にお問い合わせください)

2019年度募集:10名(年少・年中)に対し、随時募集中です。ぜひお早目にお問い合わせください!

 

デイリープラン(予定)

9:30 Work Time
10:00 Circle Time(Greeting、M&M、Letters)
10:30 Outdoor Activities
11:30 Lunch Time/Work Time
12:30 Literacy(読み書き)
13:00 Special Activities(STEM、Art、Expression、Social & Cultural Study、Theme Study)
13:40 Individual Time(自分の好きな活動に没入)
14:00 Circle Time(Including concentration time)
14:30 See you tomorrow

※週の時間割、年間予定表が別途あります。水曜日は長時間アウトドアの日(ミニトリップも行う)

・夏休みは一ケ月程度、サマースクール・サマーキャンプなどを計画

数多くの教育スペシャリストが参画

バイリンガル・キンダースクール「Hillock Kids」は、全体で15名(ミックスエイジ)という小さなスクールです。

ですが、この15名のために多くの教育界のスペシャリストが関わります。ほとんどが国内外での社会人経験で成果を上げた後、日本の教育を良くしたいとリスクを取って起業した人たちです。想いと実力が高い位置でバランスしているプロフェッショナル・ネットワークだと思います。

HILLOCKは、以下の教育起業家が集って立ち上げた「NPOソダチバ・プロジェクト」によって主に運営されます。

堺谷武志 都市銀行でMBA留学・駐在・国際業務に従事したのち、インターナショナルプリスクール「Kids Island」を立ち上げ。

中村一彰 ベンチャー企業を経て起業。理系教育のSTEMON、探究教育のBOKEN、アフタースクールを立ち上げる。小学校教諭資格保有。

長井悠  IT企業経験後、教育界にイノベーションを起こすべくタクトピアを立ち上げ。グローバル教育、起業教育などプロジェクトを立ち上げる。

上記以外にも先進的な取り組みをしている人たちがアドバイザーとして参加します。

この陣容を見るとかなりアカデミック寄りに見えるかもしれませんが、みんな意外に「遊び(特に自然とのふれあい)」を重視しています。それもそのはず、実は意外でもなんでもなく、ヒトは長い歴史の間、自然と遊び・対峙しながら哲学、科学、数学を生み出してきたわけで、その土台なしに学びだけが単体で成立するはずがないからです。

アウトドアとインドア、幅広い知識と深い探究心、思考と行動のバランスをとりつつ「ワイルドでアカデミックな環境」を作っていきたいと考えています。

 

お問合せはこちらから

(ご希望者には個別見学会をセットさせていただきます。お気軽にお問い合わせください)

 

<ご参考>プレゼンテーション資料

 

お問合せはこちらから

(ご希望者には個別見学会をセットさせていただきます。お気軽にお問い合わせください)

 

「サカイタニタケシと語る会」大好評でしたよ